リアル青魔道士 ラーニング 実践

この記事は3分で読めます

a4535938e95acded青魔道士[邪眼]小

■ 青魔道士になろう!
青魔道士とはFF11エキストラジョブの一つ。いわゆるアトルガンジョブです。
最大の特徴は、ラーニングのジョブ特性を持つこと。
要するに、敵モンスターに使われた特殊技をラーニングし、使えるようになる能力。

今回はこれを実際のビジネス現場に生かそうというテーマです。
ビジネスと言うか、自己啓発と言った方が正解かも。
(FF攻略法を期待した人こちらを見てねw→[外部リンク] wiki青魔道士

よく言われることですが、学習は「ものまね」から始まります。
野球のボールの投げ方や、サッカーのドリブル、バスケのシュート、
何でも良いんですが、まず最初はお手本を見せてもらって、
その「ものまね」から練習しますよね。

勉強だって、最初は字の書き方や、足し算・引き算は学校の先生に言われるがまま、
マネすることから覚えます。

だから、こと学習するに当たっては「ものまね」は決して恥ずかしいことではないです。
むしろ、正当にして正攻法です。w

大きくなると、自分で辞書や辞典、教科書や関係する図書とかを調べて、
自力で学習するようになるかも、です。

社会人になってからも、それぞれ必要に応じて、書籍や文献を読んだり、
セミナーを受講したりしますよね。

ですが、これとて、そういった「情報源」から、知識を間借りして
「ものまね」してる、と言えなくもありません。
<注:決してわるい意味ではないです。^^

でも、そういった「情報源」から、せっかく得た知識やノウハウって、
本当に身についてるでしょうか?

そこで、登場するのが、青魔道士のラーニングのジョブ特性です。
敵モンスターの特殊技を身につける、というと何かカッコ悪い感じですが、
こと何かのスキルを自分のものにする技術、と考えるとどうでしょう?
こんな便利な「技能」を習得しない手はありません。^^

青魔道士

■ なぜ本で読んだり、セミナーで聴いた内容が身につかないのか?
って思った経験、きっとありますよね。^^;

これは端的に言うと、本を読んだり、セミナーを受講した時点で、

「目的を達した」

と無意識の内に、勘違いを起こしているせいです。
ではナゼそう思ってしまうかと言うと、

・学習=暗記

という風潮の、日本の教育制度に問題があります。
(<少なくとも、そう考えてる人が多い)

だから、本を読んだだけ、セミナーを受講しただけで、

・頭に入った=身についた

と勘違いしてしまうのです。でも、少し考えれば分かりますが、

 『図解 野球入門』って本で、カーブの投げ方を知っても、
 それだけでカーブは投げれない

ですよね?同じく、

 『キミにもできる水泳のコツ』って本を読んだだけでは、
 畳の水練で、泳げるようにならない

 足し算のやり方を教わっただけで(計算練習なしで)
 足し算ができるようにならない

のも理解できると思います。なのに、大人になると、なぜか
そんな当たり前のことを忘れて、勘違いを起こします。

きっと、受験の影響と思われますが、小中高と年を重ねるにつれ、

・学習=詰め込み=暗記

っていう、別の意味での「勘違い」教育が行われているせいでしょう。

日本の教育制度を語るのが、ここの本題ではないので、
ぢゃ、どう対処するか、って話に戻ります。^^

da16青魔道士

■ リアル青魔道士になろう!そのためには….
要は、せっかく知りえたノウハウや知識を、どうやって自分のスキルとして
身に着けるか、って話になります。どうすればリアル青魔道士になれるのか?

原点に戻りましょう。
カーブの投げ方を教わりました。
次にすることは….実際にカーブを投げてみることです。
(すぐに出来る出来ないは別にして)

頭に入った=暗記した、は「後回し」の言い訳になります。

スキルを身につけるために、やるべきことは、

・すぐ実践すること

です。

『会社を活性化するセミナー』で、講師から、

「朝、出会った人には、必ず全員に、大きな声で
 おはよう!と挨拶するようにしてみてください」

と教わりました。イイ話です。^^
会社もきっと、内面から活性化しそうです。

….けど、実際には何人の人がこれを実践するでしょう。

『人間関係を円滑にする』って本を読むと、

「感謝の気持ちを周囲に伝えなさい」

と書いてありました。イイ話です。^^
けど、実際に何人の人が、明日から(これまで以上に)
周囲に「ありがとう」と言えるでしょう。

おそらく大半の人々は、イイ話を聴いた、知ったことに満足して、
それで「学習した」と勘違いして、明日になればそのことを忘れます。

そうではなく、ここで「実践してみる」のが、青魔道士になる一番大事な秘訣です。
すぐ実践するのが、そのスキルを身につける最大のコツなのです。
最初から上手くできるかどうかは気にする必要はありません。^^

知識を自分の行動に変えたとき、はじめて私たちはそのスキルをゲットできるのです。

行動が変わらない限り、学習に費やした時間はすべて無駄なのです。

どんなに素晴らしいノウハウでも、実践できなければすべてゴミなのです。

頭に入っただけの事柄は、明日になれば、1週間経てば、きっと忘れ去られます。

せっかくこの記事を読んだんですから、「いい話を聞いた」で終わらせず
(それだと学習=暗記のまま)、あなたも青魔道士となるべく、
「すぐ実践」を実践しましょうね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Office365ロゴ
  2. 備
  3. 備
  4. 備
  5. 2329938i
  6. 2329938i
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。